ペン字

ペン字2年目、文字は上達しているか?1年前と比較してみての変化

ペン習字を始めて現在2年目の香(@ouchipenji)です。

日々練習は続けていますが、ちゃんと上達できているか、ときどき不安になることもあります。

自身のモチベーションを上げるため、私は定期的に同じ文章を書いて比較をしています。

ちょうど1年前から比較を続けている文章を書く日がやってきたので、公開していきます。

1年前〜今日までの文字を比較

1年前
8ヶ月前
半年前
現在
違いがお分かりいただけるでしょうか?
  • 1年前に書いたものは、今よりかなり下手
  • 8ヶ月前と半年前を比べると、大差なし
  • 今日書いたものが、一番整っている

と、自分では感じました。

今日書いたものだって下手なのには変わりありませんが、過去のものと比べたら上手になっています。

定期的に自運で同じ文章を書くと変化は一目瞭然

私は自分の書いた作品を、どちらかというと過小評価してしまうタイプです。

1年以上練習を続けても、やっぱり下手なままだな〜と常々思っています。
  • もともと才能はないし・・・
  • 他の方に比べると、上達も遅いし・・・
  • お手本のような美しい文字にはほど遠いし・・・

同じように感じている方には、定期的に同じ文章を書いて比較することをおすすめします!

特に、自運(お手本を見ずに自分の文字で書く)だと差が出やすいです。

今回お見せしたように、私は数ヶ月ごとにビフォーアフターの比較をすることで、モチベーションのアップを図っています。

1週間前と比べた場合には、ほとんど上達を感じられないことが多いです。

しかし、1年前と比べた場合には、大半の方が結構な変化を感じられるはずです。

この1年間の頑張りは、決して無駄じゃなかった・・・
また引き続き頑張ろう!!

と前向きな気持ちになれます。

特に、書くことに対するモチベーションが落ちているときや、周りの人と比べて辛くなったときには、ぜひ実践してみてくださいね。

ペン習字2年目で感じる上達度合い

私がペン習字を始めてから、1年4ヶ月が経ちました。

長く続けていくにつれて、上達度合いも緩やかになっていくんだろうな〜。

と推測していました。

やはり、とても下手な状態からスタートした1年目の方が、文字の変化はあからさまだったように感じます。

しかし、2年目に突入しても、まだまだ上達できている実感はあります。

ペン習字を始めたばかりの頃よりも見る目が養われ、1年目には気が回らなかった細かい部分にも気づけるようになりました。

ここが下手!と気づけるということは、その分上達の余地があるということだと思っています。

気づけたからと言って、すぐに書けるようになるものではないので、気長に練習を続けていきます。

まとめ:ビフォーアフターでモチベーションアップ!

ペン習字は、一度にたくさん練習したからといって、すぐに上達するものではありません。

私もペンの光の清書のときには、何時間も書き続け、一晩で何十枚も用紙を使ってしまうことがざらにあります。

でも、最初に書いた作品と最後に書いた作品、大差なかったりするんですよね・・・。

すぐには結果が出ないからこそ、長いスパンでのモチベーションの維持が、継続と上達のカギとなってきます。

私は他人のビフォーアフターの文字を見ることも、とても好きです。

同一人物なのに、こんなにも文字が美しく変わるなんてすごすぎる!

SNS上では、皆さまから驚きと感動をおすそ分けしていただき、ありがとうございますm(_ _)m

今回私のビフォーアフターを見ることがどなたかのモチベーションアップに繋がって、今度は逆にビフォーアフターをお見せしていただければ、なんと嬉しい循環でしょうか♪

なお、初心者の方で1年経ってもほとんど上達を感じられなかった場合には、練習方法を見直したほうが良いかもしれません。

初心者でも正しい方法でコツコツ続けていれば、少なからず上達できるということは、日ペンのボールペン習字講座を最後までやり遂げた多くの受講生が実証済みです。

引き続き練習を続け、ブログにも時々書いた文字をアップしていきますね!
使用したノート

 

日ペンのボールペン習字講座



ペン字初心者で飽きっぽい私でも、楽しく最後まで続けられた通信講座です。
半年間受講した結果、期待を上回るほど上達することができました。
初心者の方には特に、自信を持っておすすめできる講座です。
きれいな文字は一生モノです。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?

公式サイトをチェック!