ペンの光

【ペンの光】規定部で最短で段位を目指したことによる失敗

私がペンの光の規定部に出品し始めてから、準初段になるまでは、足踏みすることなく毎月昇級し続けてきました。

結果だけなら良かったように見える反面、急ぎすぎて失敗したなと感じる部分が大いにあります。

そこで、自戒の念を込めて、失敗したと感じている3つの点を書き残しておきます。

今後ペンの光を始める方には、ぜひとも反面教師にしていただきたいです。

規定部で準初段になるまでの毎月の成績

ペンの光規定部は、ペン習字の基本となる部門です。

段級位によって3つのクラスに分かれていて、それぞれ課題(お手本)が異なります。

  • 級位クラス
    新規、10級、9級、8級、7級、6級、5級、4級、3級、2級、1級
  • 段位クラス
    準初段、初段、二段、三段、四段、五段
  • 推薦 準師範 師範クラス
    推薦、準師範、師範
初めて出品する方は、まずは級位クラスの課題を書くことになります。

私はペンの光を始めるより先に、日ペンのボールペン習字講座を受講していたため、ペンの光は5級からのスタートとなりました。

規定部級位クラスでの成績の推移を、以下の表にまとめました。

ペンの光段級位写真版備考
2019年4月号9級↑第2回添削課題分
2019年5月号8級↑第4回添削課題分
2019年6月号7級↑第6回添削課題分
2019年7月号
2019年8月号6級↑第9回添削課題分
2019年9月号5級↑第12回添削課題分
2019年10月号4級↑7月号分
2019年11月号3級↑8月号分
2019年12月号2級↑9月号分
2020年1月号1級↑10月号分
2020年2月号準初段↑11月号分
準初段に上がるまでは、毎月連続で昇級してきました!

トップクラスの成績ではありませんでしたが、こうして結果だけを見るととても順調で、何の問題もないように思えます。

しかし、次第に問題が露呈することとなったのです・・・。

失敗①:基礎が疎かになった

ペンの光で級が上がっていくのは嬉しくて、写真版になると喜びも倍増です。

そのためついつい、「ペンの光で毎月昇級すること」を目的とした練習に傾いてしまいました。

すなわち、基礎練習が疎かに。

基礎と競書の課題、両方の練習をまんべんなくやることが理想ですが、私がペン習字に割ける時間は多くありません。

ペンの光6部門に出品しようとする月などは特に、練習時間が足りなくなってしまいます。

毎月どうにか出品できるレベルの作品を仕上げることだけでも、精いっぱいでした。

ペン習字に限らず、何をやるにしたって基礎は重要です。

基礎がしっかり身についていなければ、応用に太刀打ちできません。

一字一字正確に書けなければ、課題の文章が美しく書けるはずもありません。

理屈では分かっていても、地味で単調な基礎練って、続けることが難しいんですよね。

級位クラスのうちにこそ、しっかり基礎を固めておくべきだったと、少し後悔しています。

失敗②:段位クラスで足踏み状態

準初段に上がってから、数ヶ月間昇段できずにいます。

失敗①にも関連しますが、根本的に実力不足なのだと痛感しています。

もともと字が下手なところから日ペンのボールペン習字講座でペン習字を始め、1年1ヶ月で準初段まで到達しました。

付け焼き刃でどうにか連続昇級してきたものの、継続年数も練習量も圧倒的に足りていません。

級位クラスでは、主に字形を意識して書くことで、昇級できてきました。

しかし段位クラスでは、それだけでは通用しません。

自分に足りない部分を、焦らず少しずつ向上させていくことが、当面の目標です。

失敗③:ペン展で上の部門に上がってしまった

今年私は、全日本ペン書道展に初出品しました。

全日本ペン書道展とは・・・

日本ペン習字研究会(日ペン)が主催の展覧会で、年1回開催される。
「ペンの光」購読者に限らず、どなたでも出品可能。

ペン展の案内は、ペンの光2月号で発表されました。

2月号までに取得した段級位を元に、部門が決まるのですが、私は2月号で規定部準初段に上がってしまいました。

タイミング、悪すぎ!

規定部1級だと、

  • 規定部3部(4級〜1級)
  • 漢字部2部(新規〜1級)
  • 手紙文部2部(新規〜1級)

に出品できていたところ、

規定部準初段に上がったことで、

  • 規定部2部(準初段〜三段)
  • 漢字部1部(準初段〜師範)
  • 手紙文部1部(準初段〜師範)

が出品可能な部門となってしまいました。

1級のままでしたら、漢字部や手紙文部に挑戦したかったのですが、準初段は師範と同じ部門です。

師範クラスの方と同じ課題で挑むなんて、無謀すぎる・・・。

結局、上記3部門の中からは、規定部のみに出品しました。

もし、ペン展でより良い賞を狙いたいのであれば、級位のうちに力をつけておいて出品したほうが、可能性が高まるかもしれません。

まとめ:ペンの光の成績ばかりにとらわれないように

ペンの光を始めると、どうしても毎月の成績は気になってしまうものです。

しかし、成績ばかりにとらわれて、基礎が疎かになってしまったことは、ペンの光1年目の私の一番の失敗でした。

必死に練習して、上手く書けなくて、余裕もなくなって、悪循環に陥っていた気がします。

基礎が身についていれば、そこまで必死にならずともより良い作品が書けるはずです。

急がば回れってやつですね。

最初だけ勢いが良くても減速する人もいれば、しばらく伸び悩んだ末、一気に駆け抜けていく人もいます。

昇級、昇段のペースは人それぞれですし、段級位が全てではありません。

今後は焦らずゆっくり、自分の目標に近づいていきたいです。
日ペンでペン習字の独学を始めて1年経ちました日ペンのボールペン習字講座を始めたのが1年前。独学でペン習字を続けて1年が経過しました。この1年間を振り返っての感想や成果などを、まとめていきます。...
日ペンのボールペン習字講座



ペン字初心者で飽きっぽい私でも、楽しく最後まで続けられた通信講座です。
半年間受講した結果、期待を上回るほど上達することができました。
初心者の方には特に、自信を持っておすすめできる講座です。
きれいな文字は一生モノです。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?

公式サイトをチェック!