ボールペン習字講座

日ペンのテキストをメルカリで買うべきではない理由3つ

日ペンのボールペン習字講座を半年かけて修了した、香(@ouchipenji)です。

講座のテキストが、メルカリなどのフリマアプリで出品されているのを見かけました。

メルカリで買ったほうがお得じゃん♪

・・・と思っているそこのあなた、

ちょっと待った〜!!

元々ペン字初心者でしたが、講座を最後まで終えた私からすると、メルカリでの購入は絶対におすすめできません

一言でいうと、ボールペン習字講座の良さが台無しなのです・・・。

それでは、メルカリ経由で買うべきではない3つの理由を、詳しく解説していきますね。

①添削課題を提出できない

私が日ペンのボールペン習字講座を最後まで続けられたのは、全12回の添削課題があったからこそです。

日ペンの添削課題・講評・級位認定、全12回分お見せしちゃいます!日ペンのボールペン習字講座を、無事に修了することができました。気になる添削課題・講評・級位認定について、全12回分一挙お見せします。...

課題を郵送し、一流の先生に添削していただくことで、緊張感を持って学習をすすめることができました。

課題を提出しなければならないので、適当な練習はできません。

どうせならより高い点数を取りたいし、昇級もしたい!

点数や級位認定といった、目に見える形で評価してもらえるので、自然とやる気もアップします。

講評で先生が褒めてくださるのも、かなり励みになりました。

もし課題がなければ、ついつい練習も手抜きしてしまって、雑になっていたと思います。

また、添削課題を提出すると、第2,4,6,9,12回のタイミングで級位認定してもらえます。

日ペンの競書誌「ペンの光」を始める場合、認定された級位からスタートすることができます。

私はボールペン習字講座を5級で終了したので、ペンの光を5級から始めることが出来ました♪
これが10級スタートだと、段位になるのは果てしない道のりです。

ボールペン習字講座を終えた後、そのままペンの光に進む受講生は多いです。

私も最初はやるつもりはありませんでしたが、もっと上達したいと考え、ペンの光を購読し始めました。

今後、少しでもペンの光を始める可能性があるなら、日ペンのボールペン習字講座に申し込んで級位認定してもらったほうが、のちのち楽ですよ! 

②自分の住所・氏名のお手本がもらえない

日常生活において、一番書く機会が多いのは、やはり自分の住所・氏名です。

日ペンのボールペン習字講座を受講すると、先生直筆のお手本を3種類も書いてもらえます。

  1. 楷書・たて書きのお手本
  2. 楷書・よこ書きのお手本
  3. 行書・たて書きのお手本 

そして第2回〜第6回課題までは、お手本を見ながら実際に自分の住所・氏名を書いて提出し、添削してもらえます。

お手本と添削のおかげで、住所・氏名は明らかに上手に書けるようになりました!

しかし、メルカリでテキストを購入した場合は、もちろん住所・氏名のお手本はもらえませんし、添削もしてもらえません

住所・氏名のお手本は、世界に一つしかない自分だけの特別なものです。

ペン字の教室に通うか、通信講座を受けるかしない限り、お習字の先生の美しい直筆で住所・氏名のお手本を書いていただける機会なんて、そうそう無いのではないでしょうか。

講座を終えた今、テキストを見返すことはほとんどないですが、住所・氏名のお手本はときどき参考にしています。
お手本の字が美しすぎて、見ているだけでもうっとりしてしまいますよ!

③テキストが古い場合がある

日ペンのボールペン習字講座のテキストは、どんどん改訂されていっています。

現在のテキストには、マスコットキャラクターの美子ちゃんが登場します。

しかし、少し昔のテキストだと、美子ちゃんではない女の人が登場していました。

・・・誰!?

この美子ちゃん版のテキストと、謎の女版のテキスト、イラストだけでなく練習内容も異なっています。

どうせなら最新のテキストで、リニューアルされた内容で練習していきたいですよね。

しかし、メルカリでは古いテキストが多く出品されています

古いテキストには誤植がある場合もあります。

実際、私が使っていたテキストにも、書き順の誤りを見つけました。

がくぶんの方から回答があり、次から改訂するとのことでした。

正しい知識を身につけるためにも、ちゃんと正規のルートで申し込み、最新のテキストで学習することを強くオススメします。

まとめ:添削課題があってこその日ペン!

私は正直なところ、日ペンのボールペン習字講座を始めるまでは、添削課題をそれほど重要だとは思っていませんでした。

下手な字は自分でも分かるし、日ペンのテキストさえあれば、別に添削課題はなくても変わらないんじゃないかな・・・。

しかし、実際に受講を始めて、添削課題が上達とモチベーションアップのための重要な仕組みだということに気づきました。

  • 課題を毎回同じ先生に見てもらうため、手抜きできない
  • 添削課題が返されるのが毎回楽しみ
  • 1枚しかない清書用紙に書いて提出するため、本気を出して書く必要がある
  • 添削により、自分では気づけなかった苦手な箇所を発見してもらえる
  • 講評、点数、級位認定でどんどんやる気がアップ
独学が苦手な私でも、楽しく受講して無事に修了できました!

私のようなペン習字初心者の方は特に、公式サイトから申し込み、先生の添削を受けるべきです。

添削指導を受けることで、上達の速度もぐっと上がりますよ♪
日ペンのボールペン習字講座



ペン字初心者で飽きっぽい私でも、最後まで続けられた通信講座です。
実際に半年間受講してみた結果、初心者の方には特に、
自信を持っておすすめできる講座です。
着実に上達も実感でき、日ペンを選んで正解でした。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?

公式サイトをチェック!