ペンの光

ペンの光の個別通信添削指導の受け方と感想

競書誌「ペンの光」を独学で学習している、香(@ouchipenji)です。

購読を開始してからしばらくの間は、毎月順調に昇級できてきましたが、

昇級がストップしたら、一度「個別通信添削指導」を受けてみよう!

と決めていました。

規定部準初段で残留となったタイミングで、実際に個別添削を受けてみました。

添削の受け方や、添削を受けてみての感想などを、書いていきますね。

個別通信添削指導の受け方

ペンの光に有料添削規定が掲載

ペンの光2,5,8,11月号に、有料添削規定が掲載されています。

詳しくは、ペンの光でご確認くださいね。

以下に、簡単にポイントをまとめます。

  • 担当講師一覧より、直接希望の先生宛てに郵送する
  • 規定部・筆ペン部・かな部の課題が添削対象
  • 1課題につき添削料は1,000円
  • 規定が掲載されていない月でも、添削を受けることが可能

日ペンのボールペン習字講座の添削はがくぶんを通すため、直接先生とやり取りするわけではありませんでした。

なので、初めてこの制度を知ったときには、

直接先生のご自宅にお手紙を出すんだ!?

と驚きました・・・!

課題を郵送するまでの手順

私が課題を郵送した手順を紹介していきます。

ざっくり参考程度に、一例としてどうぞ。

  1. 競書用紙に課題を書き、B5用紙に四隅を軽く糊づけする。
  2. 表に自分の宛先を記入し切手を貼った、返送用の封筒を用意する。
  3. 郵便為替を用意する(1課題につき1,000円)。

    上記画像の「定額小為替」は、50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1,000円の12種類あります。

    郵便局のゆうちょ窓口で、1,000円のものを必要な枚数購入しましょう。

    手数料は、1枚につき100円かかります。

    有効期間は発行日から6か月なので、買いだめする場合はご注意を。

    また、定額小為替の他に、「普通為替」というものも存在します。

    定額小為替との違いは、自分で料金を決められるかどうかです。

    普通為替の手数料は、送金額5万円未満の場合は437円です。

    もし一度に5つ以上の課題を添削してもらうなら、普通為替のほうがお得になるでしょう。

     

  4. 先生へのお手紙を用意する。※必須ではない
  5. 提出用の封筒を用意する。
  6. ⑤に①〜④を入れて、切手を貼って郵送する。
あとは返却されるのを待つだけです♪
補足

④のお手紙は必須ではありませんが、最低限の礼儀としてしたためました。

課題よりも何よりも、普段書き慣れない真面目なお手紙に大苦戦しました。

これがネックになって、添削をためらっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、このような実践の場を自ら作ることで、上達に繋がるように感じました。

添削指導を受けてみての感想

返却が早くて驚いた

ペンの光には、返却日数について「1〜2週間で添削されて戻ってきます」と書かれています。

ところが、私が課題を投函してから返却されるまでにかかった日数は、わずか3日でした!

ボールペン習字講座の添削課題は返却までに約2週間かかっていたので、 とても驚きました。

ただし、先生・地域・タイミングなどによって日数に幅があるでしょうから、余裕を持って早めに送ることが望ましいです。

一流の先生の細かい添削に感激

独学の場合、先生というのは雲の上の存在です。

ましてや、審査員の先生方なんていったら、なおさらです。

私のようなどこの誰とも知れない一個人に、わざわざ時間を割いて添削してくださったなんて、恐れ多くて・・・!

先生の直筆を拝見できるだけでも眼福なのに、細かく添削してくださって感謝感激です!

なお、具体的な添削内容については割愛します。

日ペンを通さず、先生と直接個人で1対1でのやり取りのためです。

新たな気づきを得られた

添削を受けてみて、自分では全く気づけていなかった部分について、ご指摘いただきました。

添削を受けなければ、ずっと気づかないままだったかも・・・。

たった一つの課題でもそうなのですから、まだまだたくさん直すべき点が潜んでいるはずです。

定期的に添削を受け、欠点を少しずつあぶり出していくことも必要かもしれない・・・と感じました。

県名・名前の添削がありがたい

規定部の課題を出品するときには、「県名」と「名前」を毎回記入する必要があります。

課題はお手本が載っていますが、県名・名前は当然お手本なしです。

教室に通っていれば、お手本も書いてもらえるのでしょうが・・・。

お手本のない県名・名前は、なかなか上手に書けずにいたので、添削していただけて非常にありがたかったです。

余白に先生の美しい文字でお手本を書いていただけたので、コピーして切り取って、県名・名前の立派なお手本が出来上がりました。

これだけでも、添削に出す価値はあったと言えます!

まとめ:個別通信添削指導は非常に有意義だった

独学の私にとって、個別通信添削指導は非常に有意義なものとなりました。

おかげさまで、初めて添削指導を受けた結果、主席で昇段できました。

ペンの光2020年3月号〜出品作品と成績〜ペンの光6月号が届き、3月号の成績が発表されたため、記録しておきます。 3月号は、4部門出品しました。 規定部 ...

先生に直接郵送するというハードルの高さはありますが、思い切って乗り越えて良かったと感じています。

同じように独学の方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

さいごに

上達への一番の近道は、教室に通って直接先生から指導を受けることでしょう。

しかし、近所に教室がなかったり、仕事や家庭の事情で通うことが困難だったりで、やむを得ず独学している方も少なくありません。

私も検討しましたが、小さい子どもがいるため条件に合う教室は見つからず・・・。

通信指導に対応してくださる教室もありそうですが、支部に所属するとなると、それなりの覚悟が必要となります。

また、今のようにブログやSNSで自由に発信できているのも、独学だからこそ可能なことです。

支部の名を背負った以上は「〇〇支部の生徒」という目で見られてしまうので、あれこれ語ることは少なからず制限されるでしょう。

他人(先生や他の生徒さん)に迷惑を掛けることは避けたいので、やはり私には独学が合っているようです。

とはいえ、独学の限界を常日頃感じているのも事実で・・・。

そんな中、救いの手となるのが個別通信添削指導です。

今後もときどき添削指導を受けながら、独学で頑張ってみます!
日ペンのボールペン習字講座



ペン字初心者で飽きっぽい私でも、楽しく最後まで続けられた通信講座です。
半年間受講した結果、期待を上回るほど上達することができました。
初心者の方には特に、自信を持っておすすめできる講座です。
きれいな文字は一生モノです。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?

公式サイトをチェック!