ボールペン習字講座

【日ペン】ボールペン習字講座修了後の進路について考える

日ペンのボールペン習字講座を始めて、徐々に慣れてきた頃・・・

講座を終えたら、次はどの道へ進んだらいいんだろう?

と考え始める方も多いのではないでしょうか。

私もあれこれ考えていましたが、最終的にはペンの光に進むことを決めました。

講座の修了生が実際に選択する進路や、私の実例を紹介していきます。

ボールペン習字講座修了後の進路トップ3

修了生の進路トップ3を発表していきます☆

厳密に統計を取ったものではなく、これまで私が知り合った多くの修了生を見てきてのことですので、ご了承くださいませ。

「ペンの光」定期購読
日ペンが毎月発行している、ペン習字の専門誌です。

8つの部門があり、複数の部門に出品可能です。

日ペンの先生が書かれた美しいお手本ですので、 書きぶりを変えることなく引き続き学習できます。

価格1年 11,700円(税込)
→1ヶ月あたり975円(税込)
メリット講座の最終級位からスタートできる(規定部)
デメリット添削が付いていない。
講座受講中からとても上手に書かれていた方の多くが、そのままペンの光に進んでいる印象です。

公式ページ

添削指導つき「ペンの光はじめてキット」
「ペンの光」半年購読に、6回分の添削指導がついたキットです。

最新号が届いたら、規定部の課題を書いて事務局に郵送します。

日ペンの先生が添削し、後日返却されます。

添削指導を受けてから清書し出品することで、さらなる上達が見込めます。

価格6ヶ月 9,400円(税込)
→1ヶ月あたり1,567円
メリット添削付きのため、競書誌が初めてでも安心。
デメリット添削料金が含まれる分、通常の定期購読より割高。
添削を受けつつ、ペンの光を始めたいならこちらです。

公式ページ

パイロットペン習字通信講座
日ペンのボールペン習字講座と同様、人気の高い講座です。

ペンの光と並行して受講されている方も多いです。

価格12ヶ月 12,000円+消費税
→1ヶ月あたり1,100円(税込)
メリット添削、採点、級位認定を受けられ、会費は安い。
デメリットお手本の書きぶりが日ペンとは異なる。
日ペンのお手本にこだわらなければ、費用対効果の高い講座だと感じます。

公式ページ

 

私がペンの光の年間購読を選んだ理由

日ペンのボールペン習字講座を修了したあとの進路について、私は下記の2択で迷っていました。

  1. 「ペンの光」定期購読
  2. 日ペンの速習筆ぺん実用講座  

なるべく安く続けたかったのと、添削なしでも最初はどうにかなるはず!と安易に考えていたため、はじめてキットは選択肢に入りませんでした。

また、日ペンのお手本の文字が好みだったため、パイロットは考えていませんでした。

決め手となったのは、増税に伴う「ペンの光」の値上げでした。

どうせ始めるなら、増税前に年間購読した方がお得!

そのようなケチくさい考えで、「ペンの光」を1年分申し込んだ次第です(笑)

講座修了後、しばらくは復習を・・・という方もいらっしゃいます。

ですが、私は間違いなくサボってやらなくなってしまうタイプなので、間を空けずにペンの光を始めて正解でした。

ペンの光のおかげで、独学でもモチベーションを高めて計画的に学習できたので、購読して良かったと感じています。

まとめ:自分の目標に合った進路を選択すべし

日ペンのボールペン習字講座を受講する前と修了したあとでは、目標にも多少変化があることでしょう。

私の場合、「もう少し字が上手くなれればいいな」くらいの軽い気持ちで、勢いのまま講座を申し込みました。

しかし、修了する頃には「今後も日ペンのお手本で学んでいきたい」と、ペン字というよりも日ペンに惹かれるようになっていました。

修了後の自分の目標に合わせて進む道を決めれば、意欲的に学習を継続できることでしょう。

日ペンのボールペン習字講座



ペン字初心者で飽きっぽい私でも、楽しく最後まで続けられた通信講座です。
半年間受講した結果、期待を上回るほど上達することができました。
初心者の方には特に、自信を持っておすすめできる講座です。
きれいな文字は一生モノです。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?

公式サイトをチェック!