ペンの光

ペンの光の下敷きに貼ってはがせる「ペタッとマーカー」が便利!

競書誌「ペンの光」でペン習字を学ばれている皆さまは、中心線を引いた下敷きを毎回ご使用のことと思います。

私は最初の頃は、下敷きの上に競書用紙を重ねて、マスキングテープで四隅を留めて練習していました。

しかし、書くたびに4箇所も貼ってはがすのって、地味に面倒なんですよね。

繰り返し書いているうちに、マスキングテープも徐々にボロボロになってきますし・・・。

私が相当ものぐさなだけかもしれませんが(笑)

そこで、たまたま文具コーナーで見つけた「ペタッとマーカー」なるマーカーのりを試してみました。

「ふせんが作れるのり」というフレーズにひかれたのですが、これがなかなか便利でして♪

それでは、ペタッとマーカーとその使い方を紹介していきたいと思います。

ペタッとマーカーとはどんなのり?

ふせんが作れるのり「ペタッとマーカー」は、1本2役で異なる使い方ができるマーカーのりです。

  1. 乾く前に貼ると・・・強力のり
  2. 乾いてから貼ると・・・貼ってはがせる
「貼ってはがせる」というのが最大のポイントですね!

さまざまなかわいい柄が発売されるようで、私が買ったのはハムスターでした。

ボールペンと比べると短く太いです。

キャップを外すと、マーカータイプのペン先が出てきます。

のりの色はブルーです。

ペタッとマーカーの使い方 〜ペンの光下敷き編〜

  1. 競書用紙に中心線を引きます
  2. 四隅をペタッとマーカーで糊付けします
  3. 透明に乾いてくるまで数分放置します
    ※乾く前に貼ってしまうと強力に接着されてしまうので注意!
  4. 下敷きの上に競書用紙を重ねます
  5. 書き終えたらペリッと剥がします
一度下敷きに糊付けしてしまえば、あとは④⑤の繰り返し!

はがれる割には粘着力があるので、書いている途中に紙がズレるということもありません。

まとめ:ペタッとマーカーは面倒くさがりやの救世主

ペタッとマーカーを購入してから半年以上経ちましたが、日々の練習に欠かせないアイテムのひとつとなっています。

マスキングテープよりズレにくく、何より用紙を貼るのもはがすのもとっても楽ちん。

四隅を留めるだけなら量もほとんど使わないので、コスパも抜群です。

私のように、少しの手間さえ省きたいという面倒くさがりやさんは、ぜひ試してみてくださいね!

日ペンのボールペン習字講座



字が下手だった子育て中の主婦でも、飽きずに楽しく続けられた通信講座です。
半年後には、期待を上回るほど上達することができました!
ペン字初心者の方には特に、自信を持っておすすめできる講座です。
きれいな文字は一生モノです。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?