2019年

ペンの光2019年11月号〜出品作品と成績〜

ペンの光2月号が届き、11月号の成績が発表されたため、記録しておきます。

11月号は、4部門のみ出品しました。

規定部・漢字部・かな部・筆ペン部の最低4部門は、毎月必ず出品するようにしています。

その他の部は、余裕がある月にはチャレンジするということで。

B,D用紙はまだ持っていないため、必然的に11月号の手紙実用部と受験部は未出品でした。

毎月6部門出すのも大変なので、まだあえて買っていません。

規定部

1級→準初段へ昇段
1級183人中6位、写真版

とうとう、当面の目標としていた段位に上がることが出来ました。

思いがけず講評まで!

「季節」もう一歩の部分ありますがきれいな線でスッキリとしています。左払いもきれいです。

自分なりの課題であった、線を褒めていただけたことはとても嬉しかったです。

ただ、もう少し力強さが欲しいと思っている今日この頃です。

そして・・・

通常なら喜ばしい昇段ですが、今月に限っては素直に喜べませんでした。

なぜなら、2月号までに取得した段級位で、日ペンが主催の全日本ペン書道展の課題が決まるからです。

ペン書道展、私も今年は初出品しようかと検討していました。

規定部3部(4級〜1級)に出品できれば良かったのですが、今回昇段したため、規定部2部(準初段〜3段)に上がってしまいました。

当然、私よりも上の段の方ばかりなので、上の賞を狙うことは厳しくなってしまいます。

毎月順調に昇級してきたことが、仇となってしまいました。

漢字部

規定部級位Aランク
規定部級位284人中17位、Aランク98人中17位

先月に引き続き、2度目のAランクで嬉しかったです。

次回からは段位となるので、またAランクからは遠ざかってしまいそうな予感です。

かな部

使用したペン先:日光 N-サジクローム
使用したペン軸:木製ペン軸 SL1994
6級→5級へ昇級
5級72人中4位

密かに写真版を狙っていたのですが、あと一歩及ばず。

かな部の写真版は3人だけなので、なかなか厳しいです。

全くかなの知識がない私ですが、線の強弱は特に意識して書いているからか、毎月かろうじて順位一桁を保てています。

筆ペン部

使用したペン:ぺんてる筆 中字
5級→4級へ昇級
4級136人中14位

10月号の課題よりは書きやすかったので、安堵しました。

筆ペン部は、昇級連続記録がいつストップしてもおかしくないと思っていて、今月も覚悟していました。

ですが、昇級できていて良かったです。

2019年11月号の感想

実はこの頃は、ペン習字を始めて以来、一番モチベーションが下がっていた月でした。

10月号で史上最多の6部門出品して疲れてしまい、さらに10月号の筆ペン部があまりに書けなさすぎて苦しめられ、その後しばらく燃え尽きてしまっていました。

また、Twitterで日ペンのボールペン習字講座を始められたフォロワーさんが増えた時期でもありました。

皆様ものすごく練習熱心で、日々ぐんぐん上達されている様子を目にして、焦りが出てきました。

私なんてあんまり練習できていないし、限られた時間の中で書いても書いても下手なままだし、他の人と比べると全然頑張れていないし・・・。

やるからには結果を残したいのに、小さい子どもがいるため、自由に使える時間は基本的に深夜。

貴重な深夜の時間すら、夜泣きで中断されることもしばしば。

やりたいことが思うようにやれないフラストレーション。

この時期に私のネガティブなつぶやきを目にして、もし不快な思いをされた方がいらっしゃったら、申し訳なかったです。

人と比べてもどうしようもないことは、頭では理解しています。

自分の置かれている環境の中で、工夫して頑張っていくしかない。

もともと、子育ての合間の気分転換になればと始めたペン字でしたが、本気になってしまったからこそ苦しいときもあります。

今後も上がったり下がったりの繰り返しでしょうが、上手にモチベーションを維持して続けていきたいです。

日ペンのボールペン習字講座



ペン字初心者で飽きっぽい私でも、楽しく最後まで続けられた通信講座です。
半年間受講した結果、期待を上回るほど上達することができました。
初心者の方には特に、自信を持っておすすめできる講座です。
きれいな文字は一生モノです。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?

公式サイトをチェック!