ペン展

第84回全日本ペン書道展〜返却作品と賞品・賞状〜

2021年7月30日〜31日に開催された、第84回全日本ペン書道展。

私は今年2部門に出品し、先日賞品・賞状と共に作品が返却されました。

昨年に引き続き、今年はどのような品が送られてきたのか、写真と共に紹介していきますね。

ペン展2部門の返却作品と賞品・賞状

筆ペン部2部・特選

筆ペン2部が届いた日

2021年8月13日

昨年よりも会期が早かったので、返却も早かったです

筆ペン2部の返却作品

筆ペン2部の賞品

木製の楯です。
昨年の特選のものとは、色やデザインが異なりました。

昨年のシルバーからゴールドへグレードアップ!

筆ペン2部の賞状


印刷された賞状です。

規定部1部・特選

規定1部が届いた日

2020年8月19日

筆ペン部から1週間ほど遅れて届きました

規定1部返却作品の梱包

こんな形で届くのかと、思わずパシャリ。
私の作品が美術品扱いに!
実際は長い箱の半分くらいのサイズ。

規定1部の返却作品

昨年出品した規定2部の表装は、「貸額」一択でした。

しかし規定1部では、

  1. パネル表装紙
  2. パネル表装布
  3. 買取額(アルミ枠)
  4. 貸額

のいずれかを選ぶことになります。

自宅に飾るスペースないし、こんな未熟な作品と毎日対面するなんてどんな罰ゲーム!

ということで、今年も貸額を選択しました。

私が感じた貸額の良い点、悪い点も挙げておきますね。

  • 返送後の収納に困らない
  • 返送梱包料が安い
  • 会場で写真を撮ると反射してしまう
  • パネルと比べると割高に感じる
  • 返送後そのまま飾るには不向き

しかし、会場に展示されていたパネルの作品や、作品を自宅に飾っている方のお写真を拝見し、とても素敵だなと感じました。

来年以降、飾っておきたくなるくらいの作品に仕上げることが出来たら、パネル表装という選択肢もありかもしれません。

今年のものは箱に戻してそのまま封印しておきます。

規定1部の賞品


同じ楯が2つになりました。

規定1部の賞状


筆ペン部と同様の形式です。

出品料について

初出品した去年は高いと感じ、少しためらう気持ちもあった出品料。

今年は心づもりも出来ていて、あまり抵抗なく振り込めました。

ま、高いは高いんですけどね。

今年出品した部門の金額も記載しておきます。

部門出品料表装料返送料合計
規定1部¥7,700¥6,600¥660¥14,960
筆ペン2部¥4,070¥0¥440¥4,510

2部門合計で、19,470円でした。

部門が上がり料金もアップしたため、昨年の4部門18,150円を上回りました。

さいごに

昨年は初めてのペン展ということで、次々届く賞状や賞品に感激の連続でしたが、今年はそれほどではありませんでした。

でも、楯をもらえる賞をいただけたことは、嬉しく思います。

返ってきた作品を眺め、今の方がもう少し上手に書けるはずと思えたので、きっと来年にはもう一段階くらいは上達していることでしょう。

パネル表装目指して頑張ります!

 

↓昨年はこちらです

第83回全日本ペン書道展〜返却作品と賞品・賞状〜2020年8月8日〜10日に開催された、第83回全日本ペン書道展。出品作品が賞品・賞状と共に返却されましたので、写真を公開していきます。...
日ペンのボールペン習字講座



字が下手だった子育て中の主婦でも、飽きずに楽しく続けられた通信講座です。
半年後には、期待を上回るほど上達することができました!
ペン字初心者の方には特に、自信を持っておすすめできる講座です。
きれいな文字は一生モノです。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?