日ペン

第83回全日本ペン書道展〜返却作品と賞品・賞状〜

2020年8月8日〜10日に開催された、第83回全日本ペン書道展。

私も今回4部門出品していましたが、賞品・賞状と共に作品が返却されました。

全部まとめてではなく順番に送られてきたので、待つのも開封するのもワクワクで♪

さて、部門や賞によってどのような品が送られてきたのか、写真で紹介していきますね。

ペン展4部門の返却作品と賞品・賞状

規定部2部・特選

届いた日

2020年8月28日

返却作品
使用したペン先:タチカワ 日本字ペン
使用したインク:開明 ペン習字用墨汁
使用した紙:出品用紙(1組20枚 660円)

規定2部からは台紙ではなく貸額となります。

ですので、送ったときと同じ状態で返ってくるかと思いきや、裏に別の紙が綺麗に貼られて厚みを帯びて返ってきました。

そのまま額に入れるだけじゃなく、手間がかかっていたんだな〜と、ありがたく感じました。

賞品


木製の楯です。
部門の記載はなしです。

賞状


印刷された賞状です。

通信教育部・特選

届いた日

2020年8月29日

返却作品
使用したペン:ぺんてる エナージェル クレナ 0.4mm
使用した紙:出品用紙(1組20枚 330円)
賞品


規定部と全く同じ、木製の楯です。

同じ楯が2つに!

賞状


賞状は印刷です。

かな部3部・銀賞

届いた日

2020年8月29日

返却作品
使用したペン先:ニッコー 日本字ペン
使用したインク:開明 ペン習字用墨汁
使用した紙:競書用紙B(10冊1組 715円)
賞状


銀賞なので、楯はなく賞状のみでした。

筆ペン部3部・研究会賞

届いた日

2020年9月2日

返却作品
使用したペン:墨液ぺんてる筆
使用した紙:出品用紙(1組20枚 660円)
賞品


特選とは異なり、ガラスの盾です。
小ぶりで派手すぎないところが気に入り、これだけは机に飾っておくことにしました。

賞状


手書きの立派な賞状です。

優秀会員賞

4部門以上出品するといただける賞です。
筆ペン部と一緒に返ってきました。

届いた日

2020年9月2日

賞品


特選の楯はシルバーでしたが、こちらはゴールドです。

賞状


他の賞状に比べると、印刷の画質が残念ではあります。

出品料について

ペン展への出品は、タダではありません。

私は展覧会へ出品した経験などがなかったため、当初は少し高いなと感じていました。

しかし、他では得難い貴重な経験ができましたし、立派な賞までいただくことができました。

お金を払ってでも出品した価値は十二分にありました。

今回出品した部門の金額も記載しておきます。

部門出品料表装料返送料合計
規定2部¥5,500¥1,650¥440¥7,590
かな3部¥3,080¥0¥440¥3,520
筆ペン3部¥3,080¥0¥440¥3,520
通信教育部¥3,080¥0¥440¥3,520

4部門合計で、18,150円でした。

来年に向け、今のうちから出品料貯金をしておきましょうかね(笑)

さいごに

ペン習字を始めて1年経ったばかりで、しかも独学で展覧会に出品なんて無謀!?

出品前は不安だらけでした。

しかし、頑張った甲斐あって、たくさんの賞をいただくことが出来ました。

あのとき背中を押してくださった先輩フォロワーさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

ボールペン習字講座の受講生や修了生の方々も、次回は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

受講生と修了生が対象の「通信教育部」がありますので、初めてでも安心です。

本気で取り組むことで上達できますし、目標としていた賞をいただけたときの喜びは格別でしたよ♪
第83回全日本ペン書道展〜初出品した作品と結果〜年1回開催される、全日本ペン書道展。ペン習字を始めて2年目の私も、今回初出品してみました。実際に出品した作品と結果、コロナ禍で初挑戦してみての感想などを、記録しておきます。...
日ペンのボールペン習字講座



ペン字初心者で飽きっぽい私でも、楽しく最後まで続けられた通信講座です。
半年間受講した結果、期待を上回るほど上達することができました。
初心者の方には特に、自信を持っておすすめできる講座です。
きれいな文字は一生モノです。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?

公式サイトをチェック!