文房具

万年筆カクノに回転式コンバーターでインクを吸入する方法【CON-40】

シンプルで使いやすい万年筆、kakuno(カクノ)。

すでに一本持っていたにも関わらず、お店で見て一目惚れした、透明軸のカクノを手に入れました。

カクノのスケルトンで、「カクスケ」なんて呼ばれているみたいですね。

せっかくのスケルトンボディなので、普通の黒インクではなく、お気に入りの色のインクを入れたくなりました。

そこで、CON-40という回転式コンバーターをカクノに装着し、ボトルインクを吸入してみました。
その詳しい方法を解説していきますね。

万年筆カクノで使えるコンバーターは回転式のCON-40

コンバーターとは、インク瓶から万年筆にインクを吸入するための吸入器のことです。

カクノにコンバーターは付属されていません。
ボトルインクを使用する場合には、コンバーターを別途購入する必要があります。

カクノで使用できるコンバーターは、CON-40

カクノを購入すると、説明書が付いてきます。
「コンバーターのご使用方法」が記載されていますが、しっかり「回転式(CON-40)」と指定されています。

万年筆のコンバーターの方式は主に二種類。

  • 回転式
    →つまみを回して吸入する
  • ピストン式
    →ノブを押して吸入する

私は銀座にある文房具専門店「伊東屋」の万年筆のフロアで、コンバーターを購入しました。

カクノ用のコンバーターが欲しいんですけれど・・・。

と店員さんに聞いてみたところ、

カクノで使えるのはこれですね。

と、CON-40を出してきてくれました。

ですので、CON-40を買っておけば間違いありません。

価格は税込みで、432円でした。
ネットからだと、もう少しお得に購入できるかもしれません。

万年筆カクノに回転式コンバーターCON-40を装着

それでは、カクノにコンバーターを装着していきます。
  1. カクノのキャップを開けます。
  2. 軸を回して外してから、コンバーターを差し込みます。

    まっすぐしっかり、奥まで差し込みましょう。

  3. コンバーターのノブをに回します。
ノブを左にくるくる回していくと、黒い部分が伸びていきます。
最後まで回しきったら、準備完了です!

コンバーターCON-40でインクを吸入

いよいよ、コンバーターでインクを吸っていきますね。
  1. ペン先を首の部分までインクに浸します。

    カクノの顔が隠れるくらい、思いっきりインクの中に沈めます。

    浅いと、インクを少ししか吸入できません。

  2. ノブをに回してインクを吸入します。
    元の位置まで回しきりましょう。
  3. ペンをボトルインクから抜き出します。
  4. ペン先や首についたインクを、柔らかい布などでよく拭き取ります。
  5. 軸を戻します。
以上で吸入完了です!
ちゃんと吸入できると、コンバーターの中までインクが入りますよ。

コンバーターCON-40でインクを吸入したカクノでの試し書き

ちゃんと書けるかどうか、試し書きしていきます。

問題なく書くことができました!

まとめ:回転式コンバーターでインクを吸入するコツは、深くインクに浸すこと

私はコンバーターを使うのは初めてで、上手に吸入できるか不安でしたが、無事に吸入することができました。

私は最初、インクを浅めに浸していたため、たくさん吸入できずに失敗してしまいました。
もし失敗しても、コンバーターは何度でもやり直しがきくので大丈夫です。

もしインクが上手に吸入できなかった場合・・・

  1. 再度コンバーターのノブをに回します。
  2. インクにしっかり浸し、コンバーターのノブをに回します。
しっかり浸せば、ちゃんと吸入できますよ!

パイロットの「インキの入れ方<回転式コンバーター>」という動画もとても参考になりましたので、おすすめです。

カクノに好きな色のインクをセットして、万年筆ライフをお楽しみくださいね!

日ペンのボールペン習字講座



ペン字初心者で飽きっぽい私でも、最後まで続けられた通信講座です。
実際に半年間受講してみた結果、初心者の方には特に、
自信を持っておすすめできる講座です。
着実に上達も実感でき、日ペンを選んで正解でした。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?

公式サイトをチェック!