ペン字

ペン習字の作品用に雅印を初注文しました

ペンの光のかな部。

10級〜5級の課題では、「◯◯かく」と自分のなまえを記入します。

ところが、4級〜準初段の課題では、自分のなまえを記入する欄がなくなります。

代わりに、「□(参考 押印するならこの位置)」という表記がされています。

もうすぐ課題が変わるけれど、そんなハンコ持ってないー!

そこで、かな部4級を目前にして、雅印をオーダーすることにしました。

初めての雅印選びから注文、届いて押印するまでの詳細を、初心者目線とはなりますが紹介していきます。

雅印とは

私は雅印という単語すら聞いたことのない人生を歩んできたため、雅印について詳しく知りませんでした。

いつか雅号をつけるために買っていた下記の本が、印を理解するのにとても参考になりました。

 

マニアックな内容ですが、関心のある方なら楽しく読めるはずです♪


本を読んだり、書道に精通している方に教えていただき分かった雅印の要点を、簡潔にまとめてみました。

  • 雅印には、姓名印雅号印がある
  • 姓名印は、「姓」と「名」を刻したもので、白文(文字部分が凹で、押印すると文字部分が白く出る)が正当
  • 雅号印は、書家や画家・文人・陶芸家等がもっている雅号を刻したもので、朱文(文字部分が凸で、押印すると文字の印泥がうつる)にするのが普通
  • どちらも正方形が原則
  • ペン習字やかな書道では、どちらか一顆しか使わないので、朱文白文については本人のセンス(実際は余白や本人の分量)で決まる
朱文か白文かはどちらでもOKなのですね。いずれ両方揃えて使い分けたいです。

私はまだ雅号がないため、本名(なまえ)もしくは「なまえ+印」、「なまえ+之印」などで作ることとなります。

雅印のサイズ

ちょうど、全日本ペン書道展(日ペン主催の作品展)の出品詳細に、雅印について以下のような内容が書かれていました。

左図の通り雅印を押します。
作品寸法によりますが、2分〜2.5分印、2.5分〜3分印が適しています。
押印がなくても出品できますが、朱色が入ると作品がより引き立ちます

ペン展に初出品したいと考えていたところだったし、間をとって2.5分印にしてみようかな!

長さの単位としての「分」は、寸の110 である。寸が約30.303 mmであるので、分は、約3.0303 mmである。
参照:ウィキペディア 「分(数)」

  • 1分=3mm
  • 2分=6mm
  • 2.5分=7.5mm
  • 3分=9mm

日ペンで販売している雅印

ペンの光でも、雅印の申し込み案内が載っている号があります。

初めて見たときの感想は、

雅印って、高いんだな・・・。

でした。

まず、どのような作家さんに注文するかで、料金が大きく変わってきます。

2分、2.5分の価格 ※1顆の場合(2020年4月号より

  • A 日展準会員・無鑑査クラス→要相談
  • B 日展会友・一流作家→37,950円
  • C 中堅作家→15,502円
  • D 新鋭作家→4,950円
Aの先生にお願いすると、いったいいくらかかるのでしょうね・・・。

私にはまだ雅号がありません。

今後どこかのタイミングで雅号をつけて、印が変わる可能性が大いにあります。

ですので、まずはそこまで立派なものではなくていいやと考え、なるべく安めの雅印を探すことにしました。

Creemaで雅印をオーダー

雅印が売っているようなお店も知らないので、ネットから買えないかどうか調べてみることにしました。

何気なく開いてみた、ハンドメイド通販・販売サイト「Creema」で、書家・篆刻家SHORYU様の作品を見つけました。

本格的なオーダーメイドの印を、低価格で販売されているところが魅力的でした。

レビューの評価も高く実績もあり、安心して取引できそう!

さっそく、お作りいただけるかオーダーのご相談をしました。

わずか数分後に返信をいただき(早い!)、そのまま注文することにしました。

なお、2.5分印を希望しましたが、印材が7ミリか8ミリかとのことで、7ミリを選びました。

料金 ※2020年1月現在

  • 印(7ミリの場合):2,800円
  • 印箱(印を入れておく箱):500円
  • 印泥(朱肉のようなもの):500円
  • 送料:450円
私は印箱や印泥も一緒に注文しましたが、印のみの注文ももちろん可能です。

書家・篆刻家SHORYU(翔柳)様の篆刻印購入方法

下記のリンクをクリックすると、SHORYU様の販売ページへ移動します。

ホームページに載っている連絡先からも、ご相談可能のようです。

HP:翔柳STYLE

翔柳様、快くブログ掲載の許可をいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

注文していた雅印が到着

注文から約1週間後、発送のご連絡をいただきました。

そこから数日後、郵便で雅印が届きました。

印泥
印箱
雅印
初めての雅印、とても素敵!

日常使っている印鑑よりも小ぶりで、名前の書体も本格的で、たちまち愛着がわきました。

オーダーメイドというともっと時間がかかるイメージがありましたが、とても迅速な対応でした。

まとめ:初めての雅印、大活躍!

その後、無事にかな部は4級に上がることができ、雅印の出番がやってきました。

印を押すことで、作品の見栄えが一気に良くなりました!

全日本ペン書道展の出品作品にも、もちろん押印しました。

↑これはボツ作品ですが。

印の朱が映えて、一気に作品が引き締まりました。

これからもたくさん使っていきたいです♪

直接お店に買いに行くのが難しい方でも、ネットやSNSなどから雅印のオーダーを受け付けている篆刻家を探すことは可能です。

私と同様に、

雅印が気になるけれど、まだペン習字歴も浅いし、高級なものを注文する勇気は出ないなぁ・・・。

と思っている初心者の方も多いことでしょう。

気軽にリーズナブルなものから雅印デビューしてみるのも、良いかもしれません。

日ペンのボールペン習字講座



ペン字初心者で飽きっぽい私でも、楽しく最後まで続けられた通信講座です。
半年間受講した結果、期待を上回るほど上達することができました。
初心者の方には特に、自信を持っておすすめできる講座です。
きれいな文字は一生モノです。
迷っているあなたも、日ペンで美文字を目指してみませんか?

公式サイトをチェック!